腹式呼吸は早漏防止に効果あり

早漏を治すために、色んなアプローチをする人がいます。
医薬品なんかが最近ではメジャーになっていますが、実は日々の習慣や行動などを変えることによっても改善することができるのです。
その中で、呼吸を意識するというやり方がありますのでそれについてを紹介していきましょう。

腹式呼吸で早漏防止
普段、意識しないと大体呼吸というのは胸ですることが多いかと思います。
殆どの人がそうですし、それ自体は特に問題はないのですが実はこの腹式呼吸が早漏防止に繋がるんですね。
どういうことかというと、この腹式呼吸は実は精神をコントロールするのに非常に効果的なのです。
腹式呼吸は、深呼吸などと同じくリラックスするときにも使われる呼吸なので、セックス中などに腹式呼吸をすることによって精神を落ちつけて興奮状態を抑え、射精までの欲求を抑えて時間を長引かせるということができるわけです。

腹式呼吸の身につけ方
意識すると、腹式呼吸自体はそれほど難しいことではありません。
ようは、呼吸をするときに空気を吸い込みお腹を膨らませ息を吐き出す時はお腹を引っ込めるというようなやり方です。
腹式呼吸自体は、それほど難しいことではないのですがセックスの時にやるのは普段からある程度意識してやっておかないとちょっと難しいかもしれません。
吸うときは鼻から吸い、吐く時は口から吐くというような形で行うとやりやすくなることかと思います。
射精までの時間が短い人は、セックスの最中に無呼吸や早い呼吸になってしまうことが多く、その際に脳も興奮してしまうので余計に射精までの時間が短くなってしまうというわけです。
なので、セックスの時の呼吸はなるだけ腹式呼吸を意識することによって脳の興奮を抑えて射精までの時間を長くすることが可能です。

この腹式呼吸ですが、セックスの時だけやろうとすると興奮もあって中々うまくいかないことが多いです。
だから、早漏防止をするために腹式呼吸をするのであれば普段から意識して腹式呼吸をすることができるようになるためにトレーニングしておくといいでしょう。
流石に日常的に常に腹式呼吸をするまではやらなくても、一日一時間だとか三十分だとか、そう言った決まった時間毎日やることによって自然にできるように身につけられると思います。