早くイッてしまうは早漏治療はジェネリックのお薬でもできる

EDや早漏と言ったペニスの悩みは、男性にとってはとても深刻になってしまうことであり非常に強いコンプレックスの原因になりやすいものです。
特に、相手のパートナーの女性の理解がなければ女性との関係に対して何らかの弊害を生んでしまうことがあるものです。
特に、大切なパートナーとの関係を崩したくないのであればやはり早急に手を打ったほうがいいことでしょうね。
そんな人に、お手軽に治療するためには医薬品を使った治療が特に効果的だといわれています。

二つの早漏治療に効果のある薬のタイプ
おもに、飲み薬のタイプの治療薬の成分はダポキセチンというものが入っています。
これは、近年抗うつ剤のSSRIという物などに含まれているセロトニンの取り込みを阻害する効果がありますので性的欲求や射精感、興奮を抑える効果がありますので通常の射精までの時間が延長されるという効果があるんですね。
男性のみにしか使うことができない、という特徴がありますので女性は誤って飲まないように気をつけましょう。
そして、もうひとつのタイプが直接ペニスに塗るタイプのものになっています。
こちらに入っている成分はリドカインという物で、わかりやすく言うと局部麻酔のようなものなのです。
軟膏タイプの物で、ペニスに直接塗りこんでおくと性的な刺激の感じ方が弱まりますので、射精までの時間を延ばすことができるという効果があります。

二つの薬のメリットとデメリット
ダポキセチンは、飲むだけでいいので特にそれをするケアなどが必要ないというところが大きいですね。
そして、何より効果時間がとても長いので一度服用さえしてしまえばあとは普通に性行為をするだけでいいという利便性の高さもメリットの一つでしょう。
ただ、飲み薬である以上は人によっては個人差で副作用が出てしまう場合があったり、併用禁止薬があるので持病などで普段から使っている薬によっては使用することができない場合があります。
逆に、リドカインのほうは特に副作用などが起こることは少なくもともとがそれほど強い効果のある薬ではないので、特に併用禁止というような薬もありません。
アレルギーなどによって使用できない人はいますが、それはごく一部の体質の人なのでほとんどの人は問題なく使用できるかと思います。
ただ、リドカインはペニスに直接塗りこむ軟膏タイプということである以上は、直接そのまま挿入すると女性の膣にも効果が出てしまい、相手の女性も性的刺激を感じにくくなってしまうという弊害があります。
なので、リドカインの使用にはコンドームの使用が必須になってしまうという弊害があるんですね。
どちらも、それぞれ一長一短ですが何に重きを置きたいかを考えてシチュエーションによって使い分けをしたいところですね。

すぐに射精してしまう苦しみ
こればかりは、実際に自分がそうなってしまったことでしかわからないでしょう。
男として情けない、という感情は特に男性にとってはきつい物でそれ自体がトラウマの原因になってしまうこともしばしばで、セックス自体に嫌気がさしたり、それが原因で心因性のEDになってしまうこともあります。
また、性行為の不一致というのは恋愛関係やパートナーとの関係の破綻につながる場合もあります。
男性のほうがすぐに射精してしまい、それで終わってしまうと女性のほうが満足することができないので、それが原因で破局なんていうことも決してあり得ないことではないんですね。
実際、夫婦の離婚理由がセックスの不一致やセックスレスだったりすることも稀ではありませんからね。
そのため、すぐに射精してしまったり女性が満足するまで持たせることができない、ということは時に重大な原因につながってしまう場合があるのです。
なので、自分一人の問題とは思わずにしっかりとパートナーと話し合い、解決するために双方で協力して努力していくことが大事なんですね。

満足のいくセックス
何より、自分だけでなく相手を自分だけで満足させることができるというのはそれだけで自信がつくことだと思います。
セックスだけがすべてとは言いませんが、それでもやはり異性との関係をより良いものにするためにセックスは欠かせない物だと言っていいでしょう。
だからこそ、すぐに射精してしまうという症状は必ず改善しておきたいものですね。

こう言った治療をするのに、薬を使うのは何だか情けないという風に感じる人もいます。
それ自体は決して理解できない感情ではないのですが、あまりそこにこだわり過ぎるのもよくないことですね。
やはり、一番は自分のプライドよりもパートナーを満足させてあげることですから、そのためにはちょっとの恥くらいはきっとすぐに捨てられるでしょう。